RPGなのに経営シュミレーション!?【勇者「世界の半分くれるって言ったのに】の感想・レビュー

 

この記事は『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』の感想・レビュー記事です。

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』は、RPGのような見た目なのに経営シミュレーションを体験することができるゲームアプリ!

モンスターを自動で倒す仕組みを作り出し、お金を無限に手に入れるのが目的なんです!

今回はそんな『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』についてご紹介していきます。

 

この記事から得られるもの
・『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』は面白いの?実際にプレイした人の意見を聞くことができる。
・『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』の面白ポイントから微妙な点まで"ホントのところ"を知ることができる。
・『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』はダウンロードするに価するのか理解できる。

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』の面白ポイントや魅力をご紹介!

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』レビュー

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』の物語は、勇者に負けた魔王が命乞いをするところから始まります。

絶体絶命の魔王から出た言葉が「世界の半分を勇者にあげる」という言葉でした(笑)

その言葉を承諾した勇者は魔王から世界の半分を貰う予定だったのですが…

魔王からの連絡もなく、各地では魔物が増えていく一方…村人から勇者への依頼が殺到します。

この理由を知るために勇者は魔王に再び会いに行く…物語はここからスタートするのです!

かなりギャグ満載のゲームなので、物語が単純に面白いです(笑)

 

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』レビュー②

ゲームの内容はRPGと経営シミュレーションの融合!

オートで動き回るキャラクターのレベルを上げながら、魔王が潜む上層階までひたすら登り続けていきます。

勇者の他にも「戦士」や「黒魔導士」「賢者」などの職業を持った仲間を雇うこともでき、大量に雇うことでどんどん敵を倒せるようになるんです!

敵を倒せば倒すほど「ゴールド(お金)」が増えていき、自動で「ゴールド」を生み出す仕組みを作り出すのが本作の醍醐味なんですよ♪

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』の遊び方やルールをご紹介!

敵を倒し仲間を雇用する!

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』レビュー③

キャラは全自動でダンジョンを登っていきます。

途中で登場する敵モンスターも自動で攻撃して倒してくれるんです!

しかし、勇者一人では太刀打ちできないので、お金が集まったら仲間を雇用しちゃいましょう♪

仲間は「戦士」や「黒魔導士」など様々な職業のキャラが登場します。

たくさんのキャラを雇えば簡単に敵を倒せるようになりますよ!

「呪文」を覚えさせよう!

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』レビュー③

本作には「呪文」を購入することでパッシブ効果を付加することが可能です。

「呪文」には、仲間の出現速度が増加する「ドラグマ」や、移動速度が増加する「ビーダッシュ」などがあり、お金をつぎ込むことでその効果は大きくなります!

高速で移動できるだけでも、モンスターの討伐効率が上がり「ゴールド」をより多く回収することが可能♪

どんどん、「呪文」を購入して強くしていきましょう!

キャラを育成しよう!

雇用した仲間は「ゴールド」を使えばレベルアップさせることができ、より強くすることが可能です!

キャラを育成する→より多くの敵を倒せるようになり「ゴールド」が増える→「移動速度増加」や「仲間の出現率増加」などの「呪文」を購入できるようになる…

といった具合に、敵を効率よく倒す循環が生れ、より多くの「ゴールド」を自動入手できるようになるんです!

広告閲覧で大量の「ゴールド」を入手!

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』レビュー⑤

本作は、とにかく「ゴールド」が重要なのですが、広告を閲覧することで序盤から大量の「ゴールド」を入手することもできるんですよ♪

「広告を見るのはちょっと…」と言う方もいるかもしれませんが、マジで資金効率が上がります。

気にならない方はバンバン広告を閲覧しちゃいましょう!

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』の微妙だった点

こちらでは『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』に微妙だった点をご紹介します。

ストーリーが少な目

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』感想

ゲームスタート時からギャグ要素満載のストーリーが展開されるのですが、ストーリーが少な目なのが残念

せっかく面白い物語なので、できれば物語多めだと良かったかな。

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』の感想・レビュー まとめ

最後にまとめます。

ここが面白い!
・物語にギャグ要素が満載で、見ているだけでも笑えます!
・RPGのようなキャラ育成要素がある経営シミュレーション!お金を生み出す仕組み作りが面白い!
・システムが分かりやすく、直ぐに理解できる!
ここが微妙だった…
・ストーリーが全体的に少な目…

 

結論です。

『勇者「世界の半分くれるって言ったのに』は、RPGのような見た目で経営シミュレーションを体験することができるゲームアプリ!

育成要素もしっかりあり、キャラのレベリングからパッシブ効果のある「呪文」の購入など、RPGとして遊べる要素も豊富なんです♪

無限にお金を生み出す仕組みづくりが好きな方や、RPGが好きな方にうってつけのゲームなんですよ!

 

無料でダウンロード可能なので、ぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

 

                              ↓お問い合わせはこちらまで↓

    おすすめの記事